30~50代の中年世代に捧げる、リストラや転職などに苦しまないでください。本サイトは自分の老後を国や会社に依存せず完全なる経済的自由を勝ち取るためのマインド・方法論を発信し続けます。

~年金に頼らず老後を豊かに生きる~40代からのビジネスと投資

投資 株式投資

「板情報」を理解して買い価格、売り価格を知る!

更新日:

序説

株初心者のあなた、またはこれから株を始めようと思われているあなた、「板情報」と言うものを見たり、聞いた事はことはありますか?

実際に注文を出す場合に「成行注文」とか「指値注文」とかするわけですが、その前に「板情報」の見方が分かると実際に参加している投資家の動向が垣間見れて、取引自体が面白くなります。

※「成行注文」「指値注文」については以下の参考記事をご覧ください。

株初心者でも勝ち組5%に入るトレード法

それでは「板情報」について解説していきます。

 

株価は、需要と供給で決まる

「株式」も言わば商品です。

A社の株を1株1000円で売りたい人がいて、その株を1000円で買いたい人がいて初めて取引が成立します。

と言う事は、A社の株を1100円で売りたい人がいても、買いたい人が1000円で買いたいと言っているうちは取引は不成立と言う事になります。

これで、終わってしまったら株式市場は機能しません。

そこで「板情報」と言うものがあります。

買いたい人は「板情報」を見て、「いくら」で売りたい人が「どれくらい」いるかと言うのを確認して注文を出す事が出来ます。

 

板情報の見方

画像出典:ザイ・オンライン

板情報は上図のように三つの列から出来ています。

中央は「気配値」・・・売りたい価格、買いたい価格

左側が「売数量」・・・その価格で売りたい人の株の合計枚数

右側が「買数量」・・・その価格で買いたい人の株の合計枚数

上図から分かる事は、現在この株を所有している人は1000円が売りたい金額の下限になり、990円がその株を買いたい人の上限になっています。

つまりその株価は1000円から990円の間を推移する事になります。

 

板情報が出来るまで

まず、誰も商いに参加してない株の注文板があります。

ここに、「1000株を100円で売りたい人」「2000株を99円で買いたい人」が指値注文を出しました。

すると、それぞれの気配値の「売り数量」と「買い数量」のところに数字が入ります。

人気のある株には多くのトレーダーが参入するので、時には「1000株を102円で売りたい人」3000株を102円で売りたい人」が重なって、合計4000株になる場合もあります。

そして、最後の「OVER」と「UNDER」ですが、

OVER・・・105円以上で「売り予約された」株数の合計

UNDER・・・94円以下で「買い予約された」株数の合計

を示しています。

※上記図出典:IBカレッジ

 

上図から、「買い数量」の方が「売り数量」より枚数が多い事が分かります。

すなわち、この株は買い圧力が大きい事から、今後株価は上昇する確率が高いと言う事が判断できます。

 

現実(平日の9:00~15:00の間)には、数秒間で何回もの売買注文が繰り返されますから、この注文板の数字は目まぐるしく変化します。

しかし、このようにして需要(買い手)供給(売り手)があって初めて株価が決まると言う事はお分かり頂け高と思います。

次回は実際の注文方法を見ていきます。

 

あなたからの、この記事・ブログへの感想・ご意見・鋭いご指摘・相談・お問い合わせをドシドシお寄せ下さい。 こちらからお願いします。

-投資, 株式投資
-

Copyright© ~年金に頼らず老後を豊かに生きる~40代からのビジネスと投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.